スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)

 2010年6月8日発足した菅直人内閣の経済政策の方向が見えてきた。一言で言えば、財政再建と経済成長の両立を狙うというもので、そのために社会保障の強化を大きな柱と位置づけている。

 とりあえず新政権への「ご祝儀」もあって、比較的好意的に受け止められているが、日本経済の現状を見ると、その実現は容易ではない。お世辞にも「経済政策通」とはいえない新首相がいかに舵を取るか、注目される。

■「知恵袋」は小野善康・大阪大社会経済研究所長

 菅首相は組閣後の会見で、「社会の閉塞(へいそく)感」が強まっているとの現状認識を示し、「このような日本を根本から立て直して、もっと元気のいい国にしていきたい」と、内閣の使命を定義。そのために、「強い経済と強い財政と強い社会保障を一体として実現すること」を課題として示した。

 菅首相は自身の経済政策を「第3の道」と称する。財政を公共事業につぎ込む田中角栄バリの「第1の道」、小さな政府・規制緩和という小泉純一郎型構造改革の「第2の道」のいずれも否定するのだ。具体的には、「増税で得た財源を使って成長を実現する」というもので、「同じお金の使い方でも雇用と需要に焦点を置く」として、成長分野への重点投資を描く。

 中でも、介護、医療など社会保障への支出を増やして産業として育て、雇用も生むとともに、将来不安を解消して安心してお金を使えるようにする、という一石二鳥の効果も狙っている。

 こうした考え方は、「菅ノミクス」「菅ジアン経済学」などとも称される。その「知恵袋」が2月に菅氏のご指名で内閣府参与に任命された小野善康・大阪大社会経済研究所長だ。

■子ども手当のようなバラマキは埋もれてしまう

 ご本人は「ケインジアン(ケインズ経済学者)」ではないと語るが、現在の日本で有数のケインズ研究者として知られ、失業(働ける人に働く場がないこと)が最大の非効率だとして、不況で民間の経済活動が不活発な時期は税金をとって財政で仕事を作り、雇用を増やせばデフレも改善し、消費も税収もやがて増える、と主張する。

 ただし、所得制限のない子ども手当のようなバラマキは家計のやり繰りに埋もれてしまうから、学用品や学校の設備などに使えば子どもの便益になるとともに関連メーカーや業者に金が回り、雇用も増えると説く。

 菅首相は、国家戦略相として2009年末に「新成長戦略」の基本方針をまとめたが、年明けに財務相に横滑りしてからは、就任早々、「1ドル=90円台半ばが望ましい」と円安誘導発言して「素人ぶり」(エコノミスト評)を発揮、さらに参院予算委員会で子ども手当の経済効果を聞かれて立ち往生したのが「かなりショックだった」(財務省筋)といわれ、以後、経済政策を猛勉強、小野氏からも数度の「講義」を受けたという。

 2月にカナダで開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、日本の厳しい財政状況を目の当たりにしたことで「明らかに意識が変わった」(財務省幹部)との指摘もある。

 いずれにせよ、最近は財政再建に積極姿勢を見せるようになった。ただ、単純な財政再建論、増税論ではなく、成長戦略などを組み合わせるところがミソ。「元々経済に明るくはないが、勘がいい」(経済官庁幹部)と、霞が関でも財務相就任後の評価は徐々に上昇。

■新聞社説も「財政再建」では比較的好意的

 新内閣発足に合わせた新聞各紙の社説も、「財政再建が歴史的使命」(朝日)、「財政再建で信頼回復を」(毎日)、「景気と財政再建の両立を図れ」(読売)など、いっせいに財政再建の必要を打ち上げたが、菅首相の姿勢を「(財政再建という)使命を理解しているように思われる」(朝日)など、比較的好意的に受け止めている。

 ただし、大きな風呂敷として広げるのはいいが、各論を政策に落とし込むのは簡単ではない。具体的には民主党としての参院選マニフェスト策定と並行して、6月中に「中期財政フレーム」と「財政運営戦略」をとりまとめなければならない。ギリシャ危機を機に、各国財政への市場の視線は厳しく、債務残高がGDPの2倍近いという世界最悪水準の日本は、「今月下旬のG20(20カ国・地域首脳会議)までに財政再建の大きな道筋を示すことが不可避」(国際金融筋)。そこでは、「消費税引き上げに触れないなら、世界には相手にされない」(財務省幹部)。

 8日の会見で菅首相は財政再建について、「党派を超えた議論をする必要が今この時点であるのではないか」と語った。マニフェストに消費税引き上げを書き込む方針といわれる自民党が、菅首相の「誘い」に乗るのかも含め、今後の展開から目が話せない。


■関連記事
菅首相が官邸で初会見 「オープン化」に消極姿勢 : 2010/06/08
「相談して決めること多い」 菅代表歯切れの悪い記者会見 : 2010/06/04
菅直人は平成16人目の首相。じゃあ、これまでだれがいたっけ!  : 2010/06/09
「フィッシュソーセージ」キャラによるスペシャルWebサイトを展開 : 2010/06/09
40代サラリーマンの昼食代 ついに470円まで下落 : 2010/06/09

iPad向け、本の「格安」電子化業者が出現(読売新聞)
<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
菅内閣 幸先悪く…荒井戦略相の事務所費問題(毎日新聞)
口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)
荒井戦略相 コミック、CDなどの領収書 事務所費問題(毎日新聞)

秋篠宮妃紀子さまお迎えし、産経児童出版文化賞贈賞式(産経新聞)

 第57回産経児童出版文化賞(産経新聞社主催、フジテレビジョン、ニッポン放送後援、JR7社協賛、ホテルメトロポリタンエドモント協力)の贈賞式が3日、秋篠宮妃紀子さまをお迎えし、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで行われ、受賞者の栄誉を祝福した。

 約250人が出席した贈賞式の冒頭、産経新聞社の住田良(なが)能(よし)社長が「今年は電子書籍元年。しかし、子供たちが紙の本のページをめくり、印刷された文字を追いながら、新しい世界に接する楽しみは変わらない」とあいさつ。続いて、紀子さまがお言葉を述べられ、受賞者に各賞が贈呈された。

 大賞の「風の靴」(講談社)は、中学受験失敗や祖父の急死に打ちのめされていた主人公・海(かい)生(せい)が小型ヨットに乗って海へと乗り出す冒険物語。

 著者の朽木祥さん(53)は、「今日が終わらなければいいのにと思えるような、きらめく夏の日を描きたかった。今の世の中で、自分を計る基準が外にあり、子供たちが生きづらいと感じているのならば、“一番大切な物差しは自分の中にあるのだ”と伝えたかった」と語った。その後の祝賀会には、受賞者を祝うために児童出版関係者らが多数出席した。

 産経児童出版文化賞は、次世代を担う子供たちに優れた本を紹介しようと、昭和29年に始まった。今回は昨年1年間に出版された児童向け図書など4404点の中から、大賞をはじめ8点の作品が選ばれた。

【関連記事】
須藤さん「好奇心を本で後押し」 産経児童出版文化賞贈呈式
小学館児童出版文化賞に篠原勝之さん、松岡達英さん
「いないいないばあ」 絵本画家の瀬川康男氏死去
児童文学作家の川村たかし氏が敗血症で死去 78歳
まどみちおさん 100歳記念に詩集2冊出版
「はやぶさ」帰還へ

現場を事前下見か 弁護士殺害 複数の刺し傷(産経新聞)
明石の歩道橋事故、明石署元地域官ら実刑確定へ(読売新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
鳩山氏「子分に裏金」疑惑 民主代表の座カネで買う?(J-CASTニュース)
夏場所でも住吉会系組長が大相撲観戦 (産経新聞)

将棋 現役最高齢棋士の有吉九段引退 「火の玉流」の異名(毎日新聞)

 将棋の現役最高齢棋士、有吉道夫九段(74)=兵庫県宝塚市=が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第36期棋王戦予選トーナメントで矢倉規広六段(35)に敗北。日本将棋連盟の規定により、同日付で引退した。通算成績は1088勝1002敗だった。

 有吉九段は岡山県備前市出身。故・大山康晴十五世名人に師事し、1955年にプロ棋士に昇格した。強い攻めの棋風から「火の玉流」の異名で呼ばれ、棋聖獲得1期、棋戦優勝9回。

 有吉九段は今年2月2日の名人戦順位戦で敗退し、C級2組からフリークラスへの降級が決定。同クラスの65歳定年制により、引退が確定した。しかし、その後も他の棋戦で勝ち星を重ねて現役を続行。引退期日を「引退が決まった年度末」とする連盟の規定を「最終対局日」に変更させる契機となった。

 24日の対局後、有吉九段は「引退が決まってからも、最後まで頑張るという思いでやってきた。今はやり切ったという気持ち。55年間、よくやってきたという満足感がある」とさっぱりした表情で語った。【澤木政輝】

【関連ニュース】
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
将棋:文部科学相と総務相にアマ五段免状
訃報:森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父
将棋:3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」
将棋:羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局

<真夏日>東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
強制殺処分は立法必要=口蹄疫対策で―鳩山首相(時事通信)
口蹄疫 牛肉高騰の兆しに百貨店ピリピリ (産経新聞)
<サイバー大学>世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)
「おむつゼロ特養連絡会」が発足(医療介護CBニュース)

共済会貸付金450万、だまし取った疑い(産経新聞)

 共済会の貸付金制度を悪用し現金450万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は詐欺などの疑いで、建設コンサルタント会社「開発設計コンサルタント」(東京都千代田区)元総務部長代理、石川卓(たかし)容疑者(52)=神奈川県葉山町=を逮捕した。同課によると、石川容疑者は容疑を認めており、平成12年〜21年の間に計約4500万円を詐取したとみられる。

 同課によると、石川容疑者は同社が加盟する「J−POWERグループ共済会」の業務に従事する立場を悪用。管理していた社員3人の印鑑を使って貸付金申込書を偽造し、18年8月〜20年2月、同共済会から貸付金計450万円を詐取した疑いが持たれている。詐取した金は銀座や赤坂のクラブへの支払いに充てていた。

偽装結婚関与の県職員、パブ売上金一部受け取る(読売新聞)
クリントン米国務長官、21日に来日(読売新聞)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
「さすがQちゃん!」 出馬要請拒否に絶賛の声(J-CASTニュース)
大麻所持でミュージシャン実刑=「YOU THE ROCK★」−横浜地裁支部(時事通信)

警察官舎に赤旗配布 2審も有罪 同種事件、判断分かれる(産経新聞)

 共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の号外を警視庁の職員官舎で配ったとして、国家公務員法違反(政治的行為の制限)の罪に問われた元厚生労働省職員、宇治橋真一被告(62)の控訴審判決公判が13日、東京高裁で開かれた。出田孝一裁判長は罰金10万円とした1審東京地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。

 東京高裁は3月、15年の衆院選で「しんぶん赤旗」を配布して同法違反罪に問われた元社会保険庁職員(56)に対し、「被告の機関紙配布を罰することは表現の自由を保障した憲法に違反する」として逆転無罪を言い渡しており、同種事件で判断が分かれた。

 出田裁判長は同種事案への処罰を合憲とした昭和49年の「猿払事件」の最高裁判例を踏襲し、「政党機関紙の配布は、政治的行為の中でも党派的偏向の強い行動類型に属している」と指摘。「公務員の政治的中立性を損なう恐れが大きく、罰則が憲法に違反しないとした1審判決に誤りはない」とした。

 また、「休日・職場外でのビラ配布を規制することに合理性がない」とする弁護側の主張に対しては、「勤務外など職場と無関係の場で行われたとしても、そのような行為が増えれば、行政への不当な政治介入や干渉を招く恐れがあることは否定できず、規制は合理的だ」と退けた。

 被告側は事実関係を争わず、無罪を主張していた。

 判決によると、宇治橋被告は、衆院選の投開票を翌日に控えた平成17年9月、東京都世田谷区の警視庁職員官舎の郵便受けに「しんぶん赤旗」の号外32枚を配った。

【関連記事】
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告
赤旗配布の高裁判決に思う なぜ公務員は政治活動を制限されるのか
「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す
公務員の赤旗配布 適正さ欠く逆転無罪判決
「しんぶん赤旗」配布で2審は逆転無罪
少子化を止めろ!

<訃報>平野勇夫さん85歳=元毎日新聞取締役編集主幹(毎日新聞)
<伊藤整文学賞>評論部門で2作 小説部門は該当作なし(毎日新聞)
高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
福岡県警、携帯3社と全国初の防犯提携(産経新聞)

<火災>車全焼、乳児やけど 千葉・船橋(毎日新聞)

 23日午後8時55分ごろ、千葉県船橋市二和東6のアパートに住む主婦、佐藤理奈さん(27)から「駐車場に止めた車が燃えている」と110番があった。約20分後に鎮火したが車は全焼し、助手席にいた長男龍惺(りゅうせい)ちゃん(生後2カ月)が顔にやけどを負った。

 県警船橋東署によると、佐藤さんは同8時40分ごろ、龍惺ちゃん、長女(6)、次女(5)と車で帰宅。部屋を暖めるため3人を車に残し、先にアパート1階の自室に入った。約10分後、次女が「車が燃えている」と知らせたため、車に戻って龍惺ちゃんを助け出したという。後部座席から溶けたライターが2個見つかった。同署は詳しい出火原因を調べている。【味澤由妃】

【関連ニュース】
火災:2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立
京急線:生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
火災:鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡
ライター火災:回収を検討 福島担当相

【中医協】医療機器86件の新規保険適用などを了承(医療介護CBニュース)
<公取委>「工事の談合助長」と青森市に改善要求(毎日新聞)
<解雇訴訟>元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
普天間移設 沖縄の意思は「県外」 県民大会に9万人(毎日新聞)
介護職員、勤務1年以下が20%―福島県の介護関連NPO法人が調査(医療介護CBニュース)

紹介男性は女自演の「組員」…「迷惑料」詐取容疑(読売新聞)

 和歌山県警和歌山東署は21日、千葉県東金市東金、無職海保みどり容疑者(23)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、海保容疑者は昨年6月、共通の知人を通じて知り合った和歌山市内の会社員女性(23)に、男性を紹介するとだまし、実在しない「ユウト」という人物になりすましてメールのやり取りを始めた。

 同7月、女性に電話をかけ、「『ユウト』は組員で、迷惑料を払わなければならない」などとうそをついて、50万円を振り込ませた疑い。

 海保容疑者から、女性の携帯に送られてきた「ユウト」の顔写真が、携帯サイトに掲載された別人の画像だったことが分かり、詐欺だと気付いた。

板橋区役所の電話不通原因 交換機の処理能力超す(産経新聞)
<川端康成文学賞>高樹のぶ子さん「トモスイ」に(毎日新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を強制起訴 改正法に基づき初(毎日新聞)
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党を否定 午後会談へ (産経新聞)
救援衣料、延べ1万トンに 大阪のNPO法人(産経新聞)

知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件−「自傷行為止めるため」−大阪市(時事通信)

 大阪市は14日、知的障害児施設「すみれ愛育館」(城東区)で、2005〜09年10月に入所者の顔を殴るなど職員による虐待が計6件あったと発表した。厚生労働省令で定められた要件を満たさずに、施錠した部屋に隔離したり、拘束具を利用したケースも計435件あった。
 市によると、昨年9月に市民からの通報を受けて聞き取り調査を実施。施設職員39人のうち4人が「自傷行為を止めるためだった」などと虐待を認めた。職員は6人の入所者に対し、洗面器で頭をたたくなどしたといい、顔を殴られた16歳の少年は5針縫うけがを負った。 

【関連ニュース】
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か
所管法人余剰金の精算怠る=厚労省に2億円返納要求
冬賞与、初の40万円割れ=減少率最大の9.3%
最低賃金引き上げへ事業所調査=低水準16道県で
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強

簡易アンテナ無料で貸し出し=地デジ受信環境の確認用−総務省(時事通信)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
築地仲卸組合で30億負債、債務減額申し立て(読売新聞)
愛知・豊川の家族5人殺傷 ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)
<自民党>参院選比例代表候補 中野正志氏を公認(毎日新聞)

<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)

 相模鉄道(横浜市西区)は16日、男性車掌(28)が磁気定期券の入出場記録を不正操作し、07年10月〜10年3月の約2年半にわたって運賃の一部を免れるキセル乗車を繰り返したとして、この車掌を解雇した。不正操作に関与していた駅員数人も処分する方針。

 相鉄によると、車掌は07年10月から有効の都営地下鉄(志村坂上−泉岳寺間)の6カ月定期券を購入。別の駅員に頼み入場記録のない乗客の出場を防ぐ「不正乗車防止システム」を解除させていた。

 車掌は、職場のある横浜市から帰宅する際、東急東横線横浜駅から目黒駅まで行き、都営地下鉄に乗り換えていた。この際、横浜駅で初乗りの切符(120円)だけ購入。三田駅まで430円かかるところを、差額の310円分をごまかし、自宅近くの志村坂上駅(東京都板橋区)で定期券を使い不正に出場していた。6カ月で定期を継続するたびに、同様の操作を繰り返しており、キセル乗車で支払いを逃れた総額は、約2年半で十数万円という。

 往路は、志村坂上駅から三田駅経由で泉岳寺まで行き、京急線に乗り換えるルートだった。京急線は回数券を利用していた。

 車掌は「泊まり明けの帰路は座れる東横線の方が楽だった」と話しているという。

 相鉄経営管理部は「再発防止に努め、厳正に対処したい」とコメントしている。【木村健二】

 【ことば】不正乗車防止システム 乗客が自動改札機を通過する際、切符や定期券に入出場情報を記録し、入場の記録がない場合には、改札機の扉が閉まる仕組み。運賃不足の切符で入場し、定期券を使って出て差額を浮かすキセル乗車を防止するために導入された。入出場情報が誤って記録された場合には、各駅に設置された装置で一時的に解除される。

【関連ニュース】
キセル乗車:神奈川労働局長を懲戒処分
キセル乗車:神奈川労働局長、通勤で 懲戒処分に
無賃乗車:43歳主査、通勤で 県、停職2カ月の懲戒処分 /長野
県職員のキセル乗車:容疑者、懲戒免職処分に 上司は厳重注意 /秋田

<事業仕分け>第2弾候補は127事業、国費投入2.3兆円(毎日新聞)
木落とし 急坂に熱狂 諏訪大社(毎日新聞)
「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)
「顧客奪われ、白タクの売り上げ減った…」同業者を監禁し刃物で刺し金奪う(産経新聞)
<毒ぶどう酒事件>「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)

<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)

 東京消防庁は7日、今年3月に東京都中野区の路上を走行中の乗用車内で、生後11カ月の女児がパワーウインドーに右手の小指をはさんで切断する事故があったと発表した。乳幼児が負傷する事故は05年以降、同庁管内だけで9件あり、同庁は「子どもが一緒に乗っている時は、安全を目で確認してほしい」と注意を呼びかけている。

 同庁によると、3月22日午後9時20分ごろ、中野区本町の青梅街道を走行中の車内で、母親が後部座席のパワーウインドーを閉めた際、女児の右手小指がはさまっているのに気づかず、指を切断したという。

 都内では05年4月〜09年12月に8人(1〜7歳)がパワーウインドーの事故で病院に搬送された。07年9月、1歳の女児が指を切断、昨年9月には4歳の男児が首を挟まれ重傷を負った。【神澤龍二】

両陛下、田園地帯を散策=静岡(時事通信)
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間−警察庁(時事通信)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
ガマガエル 国内初の飼育下繁殖に成功 井の頭自然文化園(毎日新聞)
飛行船 東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
クレジットカード現金化 即日
審査 甘い キャッシング
現金化
クレジットカード現金化 還元率
ライブチャット
無料ホームページ
カードでお金
債務整理 無料相談
selected entries
archives
recent comment
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    ユウジ (08/05)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    モロキ (07/22)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    りつこ (07/15)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    ひらばやし (07/08)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    黒きとう (07/01)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    カドルト (01/11)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    オリンキー (01/05)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    ナーマソフト (12/26)
  • 介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
    モグモグ (12/18)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM